まぶたのたるみにアイプチは悪化の元!正しい速効解消法

まぶたのたるみにアイプチは悪化の元!正しい速効解消法

まぶたのたるみ | 腱膜性眼腱下垂

まぶたのたるみにアイプチは悪化するからリッドキララで正しい速効解消法

まぶたを持ち上げる筋肉は働いているけど、まぶたとの接続が切れてしまって開かなくなるのが腱膜性眼腱下垂です。

 

腱膜性眼腱下垂の場合、まぶたを持ち上げるために周りの筋肉を使用するため肩やこめかみの筋肉が緊張し、肩こりや頭痛の原因にもなります。

 

腱膜性眼腱下垂を治せばこれらの症状も改善されるので、自覚症状がある肩は一度病院の眼科医やクリニックで是非診断してもらうことをおススメします。

 

 

まぶたのたるみを治す | 腱膜性眼瞼下垂手術

 

腱膜性眼腱下垂の手術は時間も費用もそれほどかかりません。

 

手術には

  • まぶたがリフトアップされて目がパッチリする
  • おでこのシワが無くなり若返る
  • 頭痛・肩のコリが解消される

などの効果も見られるため、腱膜性眼腱下垂と診断された場合は迷わず手術されることをおススメします。

 

手術の方法 

 

手術と聞くととても怖いイメージがあると思いますが、腱膜性眼腱下垂の手術は開始から終了まで約1時間とそれほど体への負担はありません。

 

手術方法は余分なまぶたの皮膚を切除したり、まぶたを切開しまぶたと腱を縫合するだけで終わり。

 

施術後はすぐに帰宅できますが、出血の多い方は様子を見て入院となる場合もあります。

 

術後の腫れ具合

 

施術直後のひどい腫れは2,3日でひきますが、完全に腫れがなくなるには2ヶ月程日数がかかるようです

 

仕事で車を運転するなど、目を必要とされる方は検討が必要かもしれません。

 

手術費用

腱膜性眼腱下垂と診断された場合は健康保険の適応となりますので費用負担は3割(後期高齢者は1割)になります。

 

金額はおよそ5万円とそれほど高額ではありません。

 

腱の修復だけでなく追加で『目を元パッチリとさせたい』という場合は美容整形として扱われ、は健康保険が適用されません。

 

その場合は両目で約20万円となります。

 

施術後の仕上がり

 

手術後には次のようなうれしい効果があります。

  • 目元がぱっちりする。
  • 眉毛の位置が下がる
  • 額の横皺が減る
  • 一重まぶたの方は二重に

手術の傷は自然な二重になるので、今まで一重で悩んでいた方にはうれしい効果かもしれませんね。

 

 

【まぶたのたるみ | 正しい解消法】 Homeへ戻る


トップへ戻る